のこまち

脚本・演出のコツ

【演劇】台本を書くコツ:基本的な流れ

このページでは、演劇(ストレート)における台本の書き方のコツ、その中でも基本的な流れを解説しています。 台本をあまり書いたことがない方や、自己流以外の方法を知りたい方の参考になれば良いかと思います。 手順ごとの具体的なポイントや、実際の書き進め方は、別の記事で紹介します。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:早口言葉をやるときのポイント

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツ、その中でも早口言葉の練習のときのポイントを解説しています。 この記事の結論としては、「早口言葉は大きい声でやる」「長期的にやるなら早口言葉をひらがな読みで練習して、短期的にやるなら実際の台詞を暗記で練習すると良い」ということになります。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:喋りの3つの抑揚

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツを解説しています。 この記事の結論としては、「声の大きさ、高さ、速さの抑揚を意識すると良い」ということになります。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:内側からか、外側からか

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツを解説しています。 この記事の結論としては、「演技は内側(感情)からではなく、外側(見え方・聞こえ方)からつくる方が良い」ということになります。 感情の込め方に悩んでいる方などの参考になるかもしれません。 具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:「役になりきる」とは?

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツを解説しています。 この記事の結論としては、「役になりきっているように見せかける、ハリボテの演技が大事」ということになります。 役になりきることそのものよりも、演技をしていて「役になりきれ」と言われたときの考え方の参考になれば良いと思います。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:動きより先に喋りを良くしよう

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツを解説しています。 この記事の結論としては、「まずは動きよりも喋りの練習を重点的にやるのが良い」ということになります。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:お手本を見つけて真似をしよう

このページでは、演劇(ストレート)における演技の上達のコツを解説しています。 この記事の結論としては、「お手本となる好きな舞台俳優を見つけて、その人の演技を真似するのが大事」ということになります。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:上手い演技とは?

このページでは、演劇(ストレート)における演技の考え方を解説しています。 自分がどんな演技を目指していったら良いか、悩んでいる方の参考になるかもしれません。 この記事の結論としては、「上手い演技とは、『気にならない演技』に『1つ特徴があること』」ということになります。 その理由と、具体的な考え方を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:棒読みの直し方2

このページでは、演劇(ストレート)の演技の上達に必要な考え方やコツを解説しています。 結論としては、「喋り方は、高めの声をベースにして、高い側に抑揚をつけるべき」ということになりますが、その理由や詳しい内容を説明していきます。
演技のコツ

【演劇】演技のコツ:棒読みの直し方1

このページでは、演劇(ストレート)の演技の上達に必要な考え方やコツを解説しています。 結論としては、「喋り方は、グラフでイメージして、大げさにやるのが大事」ということになりますが、その理由や詳しい内容を説明していきます。